【広告収入と労働収入】リスクヘッジとなる収入源を増やすメリットとは?

【広告収入】の質を再確認不利な労働
スポンサーリンク

収入の方法は数種類にわかれていますが、その中で今回は広告収入について改めて考えてみました。

そもそも【広告収入】がわからない方から、興味があるけど収入を得れていない方向けの記事です。

そもそも【広告収入】とは?

そもそも【広告収入】とはなんなのかというと、

あなたが作ったコンテンツやモノに広告主がお金を払って掲載をすることで収入を得る事ができるものです。

わかりやすいところで言うとこれらが身近にある広告です。

  • テレビCM
  • YouTubeで見ることになる広告
  • ホームページについている広告
  • 街中にある看板の広告
  • 新聞にある広告など

ようするに、大勢の人が目に入るようなモノや

コンテンツ(YouTubeやホームページやメルマガ)を持っていれば、

沢山の人にPRしたい広告主は、お金を払ってでもそこに掲載をして貰いたいわけ。

テレビは、面白い番組を作ることにより視聴者を増やし広告を見てもらう。

広告を見てもらう為に広告主は、お金を払い面白い番組を作ってもらって視聴者を増やすと言うわけ。

これがまさに広告であり【広告収入】の基本です。

【広告収入】と【労働収入】の違いとは?

さて、広告収入のことについてわかったところで、

【広告収入】と【労働収入】の違いについてはっきりさせましょう。

【広告収入】は先ほど説明した通りです。

一方、【労働収入】は

あなたが体を動かした分だけしか、お金を貰えないと

つまり、つまり時給や日給で給料が決められるということです。

サラリーマンももちろんこの【労働収入】に入ってきます。

1日8時間、1ヶ月に22日間働いていますよね。これよりもっと働いている人もかなり多いです。

でも給料は、ほぼ変わらないのが【労働収入】なんです。

なぜ【広告収入】の方が可能性があるのか?

この記事の1番のポイントになるのですが、なぜ【広告収入】の方が可能性があるのか?

今の時代であれば、YouTubeで話をした方がわかりやすいと思うのでそうします。

【労働収入】の可能性の無さ

あなたが働いている状況の10年後は、給料が激増していますか?

ほとんどの人が、10年真面目に働いても給料は対して上がらない。

ましてや、工場とかであれば10年後も今と同じ給料の可能性もありえますね。

これが【労働収入】の可能性の無さなんです。

【広告収入】の可能性は無限大

一方で【広告収入】の可能性について。

例えばYouTubeをなんとなくやってたらいきなりバズった。

TikTokをやってたらいきなりバズった。

ホームページをコツコツ作っていたら、いつの間にかPV(閲覧数)が増えた。

こんな事が起こった時に、一瞬で今のあなたの給料より高い収入を得られます。

結果が出た分だけ、収入が増えてあっという間にサラリーマンの給料を超える

こうゆうことです。

これは、経験をしたことがない人からしたら全く想像できないですよね。

夢のまた夢のように感じているのではないでしょうか。

有名インフルエンサーは【広告収入】で金持ちになっている

あなたは、どんなYouTuberやブロガーや芸能人が好きですか?

彼らはインフルエンサーであると同時に、自分自身が広告塔になって【広告収入】を得ているんです。

お笑い芸人も同じです。

面白いことをやり、ファンをつけ、見てくれる人が多くなれば高収入の案件がくると言うわけ。

有名なYouTuberやTikTokerや芸能人は貧乏人ですか?

そんなことはないですよね。ほとんどの人が金持ちです。

【労働収入】ではなく【広告収入】だから単価が高いんです。

【広告収入】の方が魅力的ではありませんか?

まとめ

【広告収入】の可能性を話してきましたが、全く興味ないと思った方は

是非、ひたすら会社のために働いてあげてください。

それもまた、経済を回す大切な役割だと思っています。

しかし、その働き方に疑問があったりやりがいを感じなかったりお金持ちになりたいのであれば

【広告収入】を得られるようにする選択をしましょう。

自分の人生は自由であって、自分の時間は自分でどう使うかを決める事ができます。

やるかやらないか、それは自由です。

ただ、あなたの知っている輝かしい生活をしている人たちはそれなりの行動を起こしている結果なのです。

今から始めて、10年後に何か変わってたら最高じゃないですか?